ブックオフ

MENU

CDやDVDやゲーム

最近は、“本だけじゃない、古着の買取と言えばブックオフ”なんていうキャッチコピーも出していて、
確かに衣料品のリサイクルにも力を入れ始めているBOOKOFFではありますが、
宅配買取サービスがないのが玉に瑕なんですよね。

 

自宅に居ながらにして、ちょいと送って不要品の整理とお小遣い稼ぎが出来るのは、
あくまでも書籍やCD・DVD、それにゲームソフトなどだけ!

 

後は出張査定を依頼するか、店頭に直接持ち込むかという事になり、いずれにせよ、
選んだショップの立地条件や顧客層などが査定額を多少なりとも左右する事は間違いないでしょう。

 

そういう意味では、事前に下見をし、その店の雰囲気や取扱商品、
そしてどんな人がよくショッピングに来ているのかと言った事を調べてから売りに出される事をお勧めします。
HOME

 

レディースやメンズやキッズ

 

何とも面倒な話だと思われるかも知れませんが、
本気でガッツリ稼ぎたければ、この位の努力を惜しんではいけません。
もしくは、レディースではなく、メンズやキッズの強化買取ブランドに指定されている物を売却するかです。

 

面白い事に、ブックオフでは、婦人服より紳士服や子供服の方が好まれるらしく、
その理由は、利用者の顔ぶれを見ても何となく分かるような気がします。

 

若い女子会や主婦集団がドッと押し寄せるというより、男性客や家族連れが多いだけに、
そうした人たちの目を引くような物であれば、高値で買い取っても、高値で売れるという事なのでしょう。

 

ですので、このような独特のチェックポイントをしっかり抑えて利用する事で、
一枚の服が一枚のお札を呼ぶかも知れない!
それがブックオフの古着の買取ではないかと私は思いますね。

 

いろんな宅配買取店がありますが、中には返送料は自己負担と書かれているところもあります。
査定して価格を確かめないと売るかどうかって分からないですよね。
キャンセルして送料負担しなくてはいけないのはかなり痛手です。

 

あらかじめ内情をよく確認して納得した上で見積もり依頼しなくていはいけません。
ZOZOやブランディアなど大手はいずれも完全無料で対応してもらえるので
気軽に利用できそうですね。

最近は古着の宅配買取サービスが随分増え、逆にどこに出せばいいのか、利口なのかが分からないとおっしゃる方が多くなりました。確かに、至るリユースショップが、同じような好条件を掲げて顧客を募っています。